就労移行支援について調べてみた

その他
おとこ
おとこ

就労移行支援ってなんだろう?

おんな
おんな

障害のある方の就労を支援する事業のことよ。

おとこ
おとこ

具体的にはどんな事業なのかな?

おんな
おんな

詳しく説明するね。

就労移行支援とは何か?

障害のある方が社会で働くことをサポートする国の支援制度に障害者総合支援法という法律があります。

就労移行支援とは、障害者総合支援法に基づく就労支援を行うサービスのことです。

Aさん
Aさん

「自分にあった仕事が見つかるだろうか?」

B子さん
B子さん

「長い間働いていなかったから仕事ができるか不安だわ。」

Cくん
Cくん

「就職がなかなかきまらないなぁ。」

一般企業への就職を目指す障害のある方はそれぞれさまざまな不安やお悩みをお持ちです。

就労移行支援事業者は就職に必要な知識やスキル向上のためのサポートをします。

国が行う4つの就労支援事業

就労移行支援の他にも障害者の就労を支援する国の制度があります。

厚生労働省のホームページによると就労支援事業は4つの事業に分類されています。

  • 就労移行支援事業
  • 就労継続支援A型事業
  • 就労継続支援B型事業
  • 就労定着支援事業

似たような名称なのでその事業概要についてまとめてみました。

就労移行支援事業

通常の事業所に雇用されることが見込まれる者に対して、
①精算活動、職場体験などの活動の機会を提供その他の就労に必要な訓練、
②求職活動に関する支援、
③その適正に応じた職場の開拓、
④就職後における職場への定着のために必要な相談
などの支援を行う。


(標準利用期間 2年)
最大1年間の更新可能 

就労継続支援A型事業

通常の事業所に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が可能である者に対して
・雇用契約の締結などによる就労の機会の提供
・生産活動の機会の提供
・その他の就労に必要な知識、能力の向上のために必要な訓練
などの支援を行う。

(利用期間 制限なし)

就労継続支援B型事業

通常の事業所に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が困難である者に対して
・就労の機会の提供
・生産活動の機会の提供
・その他の就労に必要な知識、能力の向上のために必要な訓練
その他の必要な支援を行う。

(利用期間 制限なし)

就労定着支援事業

就労移行支援、就労継続支援、生活介護、自立訓練の利用を経て、通常の事業所に新たに雇用され、就労移行支援などの職場定着の義務・努力義務である6月を経過した者に対して、就労の継続を図るために、障害者を雇用した事業所、障害福祉サービス事業、医療機関などとの連絡調整、障害者が雇用されることに伴い生じる日常生活または社会生活を営む上での各般の問題に関する相談、指導および助言その他の必要な支援を行う。

(利用期間 3年)

このように事業を分類してみると、その違いがわかりやすくなると思います。

就労移行支援におすすめのサイト

ご飯を食べるところを探すならぐるなび、美容院を探すならホットペッパーなど情報がたくさん集まっている信頼できる総合サイトを利用しますよね。

大阪の就労支援をまとめている就労移行ナビというサイトが情報量も多く参考になります。

おすすめの就労移行事業所がランキング形式になっていてわかりやすいと思います。

まとめ

障害のある方にとって、職場を一緒に探してくれる就労支援の事業所選びはとても重要です。

ぜひ自分にぴったりの就労支援の事業所を探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました